2016/09/16

Denis Colomb "100% Cashmere" AW16 Nara


お待たせしました、Denis Colombカシミアストールのご紹介です。
長くなるので前後編2回に分けてお送りします。

Denis Colomb "Cashmere Nara Shawl"
100% Himalayan Cashmere 2ply
Nomad Size (200×150) 
Handwoven in Nepal

最上級ヒマラヤンカシミアを贅沢に使用、1枚ずつHandwoven(手織り)で仕立てられるDenis Colombnのストール……
今回も全身を包むことができる超大判ノマドサイズ(150×200cm)で揃えました。

軽くて柔らかくて持ち運びにもストレスなし。
毎回のフライトに必ず持っていく必需品ですし、寒がりなので冬は完全に依存しています。
あまりにも大きく暖かいので、High and Seekでは「コート」として提案しているアイテムです。

では集合写真右からカラー紹介していきます。

1. Dark Khaki Brown + Warm Grey

北欧の森を思わせるカーキブラウンに、柔らかなグレーを組み合わせました。

これを見て「カーキは素材の影響をもろに受けるのね」と再確認。
ミリタリーカラーなのにカジュアル感はなく、あくまでもエレガント。
大人にふさわしいノーブルなカーキです。


2. Midnight Blue + Moonbeam

深みのある濃紺に、神秘的な月光カラーを合わせた継続カラー。

ボリュームと素材感のおかげでトラッドに落ちません。
黒ではないから重くなりすぎないし、キリッとしながらも優雅なんですよね。
Denis自身が気に入ってよく巻いているのにも納得です。


3. Camel + Dark Charcoal

モダン、とにかくモダンな仕上がりに感動!
ロイヤルなキャメルカラーを、上品な墨色で引き締めました。

ジーンズにも合うし、ベージュのトレンチとかにも相性良さそう。
フェミニンにもマスキュリンにも寄せられる、通好みの1品だと思います。


4. Cappuccino + Midnight Blue

High and Seekの定番カラー。
深みのあるグレージュに、深みのあるネイビーの組み合わせがエレガントです。
しかし毎度のことながら、写真ではとにかく色が出せません。

自分の愛用カラーのため、合わせやすさは実証済み。
デニス1枚目で迷ったらコレがいいかも。


5. Moonless Night + Winter Grey

暖かみのあるグレーを、ペールブルーでスタイリッシュに彩りました。

というか色名は変わりましたが、蓋を開けてみたら先シーズン別注の「Moonless Night/Warm Grey」とほとんど変わりませんね。
問い合わせの多かったカラーなので、買い逃した方はチャンスでは。


6. Burnt Tea Leaves + Cumin

上質なカシミアの素材感が生きた、とことんラグジュアリーなカラーリング。
優雅なティーブラウンに、ターメリックカラーがしっかり効いています。

ベージュ、ブラック、ネイビー……合わせる色を選ばないですね。
コーディネートを格上げしてくれる洗練された1枚。



素材とロイヤルカラーのおかげで、チェック柄でも大人なのがデニスコロン。
もちろんフリンジまで惜しみなくカシミア。
このたっぷりのフリンジも、巻いた時にラグジュアリーなアクセントとなってくれるのです。

続いてもう一回更新します。