2018/09/21

3連休+お知らせ

東京は雨続き、そして本格的に冷えてきましたね。

22日(土)〜24日(月祝)の三連休は、 2PM〜7PMでオープンします。
いつもよりオープン時間が遅めなので、お間違えのないようお願いします。

Y'sシューズについてはデリバリーの見通しがつきましたので、
ご予約いただいた皆さまには近日中にご連絡さしあげます。
イタリアから黒白が分納されたのち、X線検査→ハンドペイントの流れです。
永らくお待ちいただけた皆さまに、心より感謝申し上げます。

服を選ばないオールマイティな一足なので、私も早く履きたくて仕方がないです。。


そしてmod.新作「SHIRT and PANTS RACK」、おかげさまで追加生産しております。
アウターの出番である秋冬、是非ご愛用ください。

ちなみにストールや小物類には「LADDER RACK」がオススメですよん。
自宅のラックは今時期活躍のVETEMENTSのナイロンコート、Denisのストールに、
ジーンズやバッグなど掛けまくりで正直すごいことになっている。。。


2018/09/17

スケジュール

連休の代休として火水はクローズさせていただきます。
20(木)、21(金)はオープンします。
平日は出たり入ったりも多いので、ご来店の方はメールをいただけると助かります。

 →highandseek.tokyo@gmail.com


そしてY'sのシューズ現状ですが、先にまずブラックが本国から出荷されるとのこと。
足数もあるためか、ホワイトは別送されるそうです。
そこから税関審査、デザイナーのハンドペイント作業等がありますので、
大変申し訳ございませんがお渡しまで今しばらくお待ちくださいませ。

どうぞよろしくお願いします。

真夏が過ぎ、ようやくレザーシューズの出番ですよね。
私としても早く届いてほしいです……!!

2018/09/16

ストック状況

昨日リリースのDenis Colomb、これぞ秋冬のスタートという感じでしたね。

現時点でのストック状況ですが ① Cappuccino 、② Angel Wing(Cream)が各1枚となりました。
弊店ならではのスペシャルカラー、気になる方はお早めにどうぞ。
3連休、明日(月)まで休まずオープンしております。

ただDenisスタジオに、エクストラがたぶん1枚ずつはありそう……。
ご購入希望の方はリクエストを送ってくださいね、取り寄せます。


今年はどうしてもチェック柄が欲しくてオーダーしたところがあるのですが、
Nomad Blancketは今回でやりきった感がありますね。
もし今後Denisを買い付けるとしたら、新しいモデルでいきたいですね。



2018/09/14

Denis Colomb Cashmere...

明日土曜日から発売、Denis Colomb(デニスコロン)のストールをご紹介します。

今時期ならカットソーの上から羽織り、朝晩の寒暖差に備えたりと大活躍。
コートのようにかさばらないので、旅行や移動が多い方にもオススメです。
喉が弱い自分なんかは、秋冬はデニスを持ち歩かない日はございません。

しかしNaraを買付けるのにはさすがに飽きた!!

今回は厳選1モデル(4色使い)で、スペシャルオーダーをかましてきました。
他では見つからないカラーを絞り込んでの3パターン、結果大満足です。

Denis Colomb "Cashmere Shawl"
Material: Cashmere 100% handwoven
Size: Nomad (200 x 150cm)
Price:151,200yen (incl. Tax)

最上級ヒマラヤンカシミアを使用した極上の肌触りと、このマテリアルだからこそ生まれる優雅なロイヤルカラー。

200 x 150cmと全身にまとえるほど超大判なのに、エアリーでふんわりと軽いのが特徴のストールです。
超大判サイズなのに、細めに畳めば厚手マフラーくらいコンパクトに巻ける不思議。。

しかも手織りなだけに、もちろんプライスもラグジュアリー……
でも一度包まれてみれば、軽さも暖かさも違いが歴然。
「何枚買う気ですか!?」な毎年購入リピーターがいるのにも納得いただけるかと。
カシミアが年々高騰していくので、少しだけプライスは上がりました。

(1)  Cappuccino / Midnight Blue/ Moonbeam/ Moine Rouge

今回もニュアンスカラーなので言葉で説明できる気がしない。
どれも4色使い、表情がでるようカラーを差したコンビネーションです。

1枚目は以前Naraで定番にしていたカプチーノ+深みのあるネイビーベースに、
やわらかなムーンホワイト、ピンクルージュを効かせたカラーリング。
黒ではなくネイビーなので重くなりすぎないのが嬉しい、大人の1枚。

(2) Angel Wing/ Olive/ Altai Blue/ Gold

2枚目はとろみのあるクリームホワイトと、スパイシーなオリーヴグリーンを、
鮮やかなブルーとブラウンゴールドで引き締めて。

Denisならではカラーのおかげで、フェミニンだけどホッコリしない。
ありそうで見つからない、ラグジュアリーなカラーリングになったと思います。

(3) Riviera Blue/ Burnt Tea Leafs/ Midnight Blue/ Moine Jaune

Denisでスコットランドタータンを目指したら、エレガントにしかなりませんでした。

湖畔を思わせるふんわりと落ち着いたリヴィエラブルーを、
リーフ&ネイビーなど、冷たくならないニュアンスカラーでまとめ、バシッとイエローを効かせました。
ハッとするほどスタイリッシュな、他にない上級者カラー。

画面によってブルーが鮮やかに見えると思いますが、素材がカシミアですからね。
実物はもっと落ち着いていると考えてください。




あーーーーぜんぶ成功したので全部欲しいワーーーー!!(←叫び)
どれを選んでも間違いないですよ……。。

画像でもいろいろな巻き方をしましたが、贅沢なフリンジで表情がついてくれるし、
どう巻いても素敵にまとまるので、何も考えずに雑にまとってOKです。
アクロンで数シーズン自宅水洗いしていますが、風合いも特に変わらずです。

今週末は12〜7PMまでオープン。
通信販売のご希望もお気軽にどうぞ。
→ highandseek.tokyo@gmail.com



High and Seek     
東京都渋谷区渋谷1-3-18 
VILLA MODERNA  C-408  
highandseek.tokyo@gmail.com

*道順→コチラ
*12:00〜19:00
*定休日:月 火
*男性の御入店はお断りします
*Instagram: ikonatsukawa

2018/09/12

いろいろ考える

風邪をひいたのもあり、ここ数日ベッドを占領して映画漫画ネット三昧。
完全に引きこもりのネット廃人と化していましたが、それでふと感じたことがありました。

なんだか最近、いつになくネット上に、ありとあらゆるブランドのコピー商品が溢れてる気がする……!
バッグ類に至っては「スーパーコピー(N級品)」と呼ばれる模造品の質が、格段に上がっているような?

GUCCIではミケーレが、本家海賊版をさらにBootlegしましたよね。
あれシャレとして面白かったけど、パンドラの箱を開けたとこあるかもしれないよねー。
ロゴさえあればと、消費者のコピー品に対する垣根も、これまで以上に低くなっているのかなとも思いました。

本物とブランドコピー品の比較研究するのが好きなので、結構何時間か費やしてしまったなー。
業者の見せ方も悪い意味で巧くなっていて、なかなか面白いんですよね(笑)

しかしこういうの見ていると、近いうちにファッション界には何らかの反動くるんじゃないのかな〜と。
今は明確にこうなるとはいえないけど、たぶん来年にドカッときそうな?
逆にこなければおかしいような気もするし。

それでう〜んと悩んだりもしたんですけど、自分なりの結論としては、
「真面目にマイペースに、いいもの見つけてくるしかない」でした。

当たり前すぎる結論だけど、これ続けることこそが難しい。


それにしてもDenisのカシミア……カラーと肌ざわりに癒されたわ。。
写真撮影するので、少々お待ち下さい。
今週末土曜日にリリースします。