2016/03/04

Paris 2


エッフェル塔がピカピカきれいです。

しかし着いたその夜にショーに行くって、もう眠いですよね。
眠いから薔薇から引き千切ってポケットにいれたインビテーションを、メトロで速攻紛失しましたよね。
会場外にショールームスタッフがいてくれて助かりましたよね。


今回のショー会場はシャンゼリゼエリアにある、ゴシック建築のカテドラル。
とにかく人すんごい、立ち見もたくさんいます。

前回と同じくモデルがすごい速さで闊歩するので写真ブレる。
肝心のコレクションはというと、やはり力強いです。
後半はゴスってて悪魔崇拝的なプリントとか、もう突き抜けてるホント……!
この「俺たちが作りたいから作った!」という内容だからこそ、注目されているのかもしれません。
逆に言うと、そういうコレクションブランドが今はすくないってことなんでしょうね。


しかしこう注目されると、いちストアとして何をするべきか考えますよね。

あっという間に有名にはなったとはいえ、ヴェトモンは投資家の手が入っていない、まだ若くインディペンデントなブランド。
きちんとブランドフィロソフィをマーケットに伝え、守っていくことも店側の役割のひとつだと思うんです。
店頭では直接自論展開していますが、Blogでもチョイチョイ説明したほうがいいのかなぁ……。


それにしても私のブーツ、やっぱりカッコいいわ〜(自画自賛)

会場外には太陽の光を浴びたら灰になりそうな、リアルに『ブレイド』に出てきそうなキッズがいてビビりました。