2014/09/20

Aging Issue

   
今回は女性の「エイジング」についてです。

そもそも私は年齢を重ねることにはポジティブな印象しか持っていないのですが、
やはり歳相応に美容のことは気になります。
特にメキシコでは結構自由に日焼けをしていたので、心なしかそばかすも増えた気がするし、
帰国したら速攻レーザーで、もう気になる部分は全部やったろうと思っていたんです。
メイクするのが面倒くさいから、根本から解決したいんだよね!!

でも、自分の顔をよく鏡で見ているうちに、
不思議と「これも味なのかもな…」という思いも湧いてきまして。


「エイジング」は、日本語にすると「加齢」「老化」。
この単語の響きもそうですが、日本では年齢を重ねることにネガティブな印象がありますよね。
もちろん美容も「アンチエイジング」と、若さを保つことが重要視されています。

でも、外科的手法などを使えば外見はそれなりに若返ることができるけれど、
そもそも外見的に若返ることが、自分にとって重要なのかな〜と。
そこで例えばブーツに置き換えてみたら、自分の嗜好としては新品ピカピカよりも、
皺が入ってイイ感じに味が出たものの方が断然好きなんですよね。
逆に、使い込んだブーツを新品みたいにリペアするのって、味がなくなって意味ないし。

それに、これまでの人生で出会った女性を思い返してみると、
精神面での充実している人は年齢容姿に関係なく魅力的で輝いていたように感じるよなぁと。
なんていうか、心の若さや豊かさが容姿の魅力に直結しているような気がしてならなくて。


ということで、

ハリウッドセレブみたいな人造人間じゃなくて、目指すならランプリング様だろ!てね。

逆にハードル上がった気がするけど、とにかく誰も老いには抗いようがないのだから、
それぞれに魅力を延ばすしかないよなと思いました。
Juergen撮影のランプリング様の60代ヌード……この溢れる気品ドヤァ!

もちろん"イイ感じ"にエイジングしたいなら、スキンケアなど自分なりのメンテは必要だろうし、
肌質も変わってくるから、コスメのアップデートも大切なんでしょうね〜(←苦手パート)
でもコスメだけでなくて、食生活や教養とかの面も響いてくるだろうから、
そのあたりも含めて精進したいなって思います。


(とはいえレーザーへの興味はやっぱりあるよ オンナだもの  みつお 笑)