2013/05/26

Museo @ Mexico City

   
どもー、元気です。

しばらくメキシコシティに滞在しています。
ニュースで火山が噴火していると話題になっていますが、特にシティ側には影響無いです。
でも前回更新で登場のプエブラは、日によっては灰がガンガン飛んできているとか……。


 

上の写真はコヨアカン地区にあるMuseo Frida Kahloでの展示。
上2枚はフリーダの私服。さすがにクオリティ高かったです〜。
VOGUE Mexicoと組んでの展示なのでギャルソン、ゴルティエなどのデザイナーズも展示してありましたよ。
ジバンシィのオートクチュール素晴らし過ぎて興奮しました。

この展示は来年までやってますし、現在Museoはフリーダのアトリエ部分が改装中なので、
メキシコまで観にくるなら時期をずらすのがおすすめ。

 

ちなみにフリーダに合わせて民族衣装で観にいきました。画像が荒くて見辛いと思いますが(とにかくiPodの画像はうんこ)、
このブラウスはコンテスト入賞作品なので、刺繍がとても細かくて気に入っています。
しかし日本にある手持ちの服があればもっと…!とかちょっとくやしい。


こちらはコンテンポラリーなMuseo Rufino Tamayoにて。
去年は全館改装中でしたが、今年はオープンしていました。日曜日は入場無料です。
服を使ったアート作品のパフォーマンスがあったのでパチリ(ふ〜んて感じだったけど) 


左は近影、右は市場で手に入れたハンドメイドの編み込みサンダルです。
ソール部分のラインが気に入っています。意外に履きやすい。ヌメ革すきすき。

さてシティに1ヶ月くらい滞在して感じたことは、
ここは東京のような大都市なので、働くにはいいんだろうけどなんだか…という感じです。
長いこと地方都市で生活してきたから、都会の生活リズムは合わなくなってきたのかも?
都会はどこも灰色で、情報が多過ぎるんですよね…。
(ちなみにメトロと流しのタクシーにガンガン乗っていますが、危険を感じたことはないでっす)