2016/10/10

ちょっと真面目なものづくりの話

  
Le Yucca's Bit Loaferの再受注は、10月16日(日)にて締め切らせて頂きます。

こちら弊店のスペシャルエディションであること、多数のリクエストがあったこと、
またデザイナーの好意により機会を設けましたが、今後の再受注は未定です。

というのもブランドや工房は、靴1足分用の材料だけを購入することはできません。
タンナーから、大きなレザーを丸ごと1枚、物によっては数枚購入しなければいけません。
もちろん正方形で使用するのではないため、丸々余すことなく使用もできません。

そのため1〜2足だけの受注となると、材料・作業コストで赤字になります。
とくに丁寧な手作業をする工房にとって、これは死活問題です。


洋服もそうです。

生地をつくるには、まず原材料(コットン・シルクetc...)の手配からスタートします。
それが紡績され、様々な技術的な行程を経て、ようやく生地になります。

ときどきの例外を除いて、デザイナーは基本的に洋服生地1枚分のみは買えません。
ボタンなどのパーツの手配も必要です。
同じものをつくりたくても、生地自体が手に入らないことも多いのです。
なので少量生産になればなるほど、手間やコストや心労も増えます。

こういうこと、自分もこうしてストアを始める前はよく知らなかったし、たいして意識してきませんでした。
アパレル業界では当然過ぎることなのか、大量生産が主流だからか、きちんと説明されませんよね。。
自分はアパレル新人であるからこそ、これまで享受してきた豊かさに、ハッとさせられたのだと思います。
東京はとくに物が溢れているから、たまに見失いそうになるんですよね。。


ということでHigh and Seekで扱うものは、一期一会のアイテムがほとんどです。

ただときどきは縁&ラッキーがありますので、お気軽にお問い合わせください。
どうしても無いときはないので、そういうときはごめんなさい。



というか、大体ないですよね〜。。
とくに自分が手に入れてたりするとアレです。
運命の出会いは、自分で力付くで引き寄せるものなの♡

*11日・12日(火水)は代休にてクローズしています。
 High and Seek     
東京都渋谷区渋谷1-3-18 
VILLA MODERNA  C-408  
highandseek.tokyo@gmail.com

*道順→コチラ
*12:00〜19:00
*定休日:月 火
*男性の御入店はお断りします
Instagram