2011/05/12

Chanel Movie -the Tale of a fairy-

     
bloggerの調子が悪くて更新できず...

たまにフォントも上手くいじれないのよね。safariだから?
いつもと違って読みにくくなってたらヤダな。


さておき、昨日ポストしたシャネルのショートフィルムの全編が公開されてました~。

ーあらすじ(登場人物=本人名前で。観て言葉などから推測してるので間違いがあるかも)

両親からの遺産である豪邸に住む女主人クリステンの元に、避暑をかねて3人姉妹が集まった。
ビジネスに成功している姉妹アマンダはマイペースな性格で、荷物をどんどん運びこむ。
そもそもは物静かな姉妹アナも含めて3人で分けて受け継いだ豪邸。
遊びにくるだけきて維持費なども払わないアマンダに、
もともとヒステリックな傾向のクリステンのイライラは募るばかり。

その晩、洗練されたパーティーを取仕切ろうと考えたクリステン。
金にあかせてはべらせている若い男に散々「フォーマルにして」と言い聞かせてあったが、
男の若い仲間たちは彼女の思惑をぶち壊す。そこへ「I'm nobody」と語る妖精・フレジャが現れて...みたいな。


【前編】

【後編】

タイトルもそうですが、現代の寓話という出来。

カール様は前回もショートフィルムを撮ってて、
それはオチに自分が登場しちゃったりして一流のギャグですか!?という感じだったけど
今回は個人的に好きなキャスティングだったので楽しめました。

フレジャは妖精役なわりに軽さがないと感じたけれど、服を脱ぐと中性的な肢体ゆえに妖精っぽい!
シャネルのアンバサダーで英国貴族の大金持ちアマンダ・ハーレックの顔立ちも、役にハマっていました。
もちろんアナはさすがの女優の存在感♪




これと関係ないけど、明日ルバロンで開催されるチャリティオークションの品々がコチラ
大変豪華ですけど参考落札価格が高いわ〜。全部売れるのかな。。

にほんブログ村 ファッションブログ モード系へThank you for reading!! Click!